長野県建築文化賞 (平成27年 第12回)・・・受賞!
2015/09/25(Fri)
当店の店舗建物が、平成27年 第12回 長野県建築文化賞 優秀賞を受賞しました!

この賞は、長野県の建築文化の発展に寄与する優れた建築作品に対し贈られるもので
今回36作品の応募の中から一般部門の優秀賞に見事選ばれ先日りっぱな表彰状を戴きました。

設計して頂いた甘利享一建築設計舎の甘利先生には大変お世話になりました。

写真15-9-25 1
            (額装・・・額装工房KEI)

長野県建築士会       www.nagano-kenchikushikai.org/profile12.php
甘利享一建築設計舎    members.ctknet.ne.jp/a-a-a

(審査委員 評) 南下がりの傾斜地に建つこの建築の断面図は実に美しい。空気層と断熱層で
           構成する極めて薄い屋根は太鼓梁と丸太母屋で支えられ、地形に沿ってバッサリと
           架けられている。片流れのシンプルな大屋根はその下に展開するそれぞれのスペース
           に均一感を与え、設計者のコンセプトが見事に実現している。
           この建物の入り口となる大きな屋外テラスには一筋のガラス屋根が嵌め込まれ、
           時の移ろいを感じさせる装置となっている。 そして、そこへのアプローチはここを
           訪れる人の心に揺れを感じさせ、四季を通じて自然の美しさ・自然への喜びを
           感じさせることだろう。 折りがあったら、太鼓梁・丸太母屋などを題材にして木材が
           私達の心に伝える力について話し合ってみたい。
               
スポンサーサイト
この記事のURL | 建設 | CM(2) | TB(0) | ▲ top

より大きな地図で
| メイン |